修理と買い替えどっちがお得?
REPAIR OR REPLACE

買い替えをオススメする例

修理費用・部品が高い

例えばお使いのエアコンからフロンガスが漏れている場合、ガス漏れ検査を行い、漏れ箇所を特定したうえで、 部品をお取り寄せいたします。
よって、通常の修理より費用と時間がかかることが多いです。また、交換する部品が高額なもの(コンプレッサ ーなど)であると、買い替えの方がお得になることがあります。

比較的古い機械が壊れた

機械が古ければ古いほど、一度修理をした後に、連鎖的に故障が起きる場合がございます。小さな故障でも積み重なると、買い替えと大きく変わらない金額に達してしまいます。当社では少しでもお客様の負担を減らすため、 過去のエラ ーや故障についても詳しくヒャリングおよび診断をさせていただきます。

電気代が気になる

現在のエアコンは省エネ性能に優れているので、古い機種と比較すると電気代が安くなる可能性が高いのです。
特に、2000年(平成12年)以前に設置したエアコンにつきましては、最新の省エネ機を使用した際と比べると、年間の電気代が半額以下になるケースもございます。

修理をオススメする例

新しい物に替えたばかり

エアコンの寿命はだいたい10~15年と言われており、部品に関しては、 一般的に本体の製造打ち切り後9~10年間の保有期間が設定されています。 定期的な点検や分解洗浄を行うことでより長くエアコンをお使いいただくことができますので、 買い替えてから数年しか経ってないというお客様は、修理および以後の定期メンテナンスをおすすめいたします。

ドレン管の詰まりによるエラー

エアコンを長い間洗浄せずに使用していると、ドレン(結露水)の排水管が汚れによって詰まり水漏れが起きてしまいます。しかし、このエラ ーは排水管の内部を高圧洗浄することで直ることが多いので、 その場合はエアコン本体の買い替えの必要はございません。

買い替えと修理、どちらが得かわからない

当社は、修理のお見積りも可能です!

お客様のエアコンを正確に調査し、
最適なプランをご提案します。
ぜひ一度、お電話くださいませ。

0120-542-069

業務用エアコンでお困りの方は
まずはご相談ください!

  • 取付工事
  • 最短即日対応
  • 安心の実績